国土交通省「高齢者居住安定化モデル事業」に選定

国土交通省主催の「高齢者居住安定化モデル事業」(22年度より高齢者等居住安定化推進事業に変更)の公募で、当社の提案が採択されました。

高齢者居住安定化モデル事業とは、高齢者が安心して生活することができる住まい・住環境の整備により高齢者の居住の安定確保を推進するとともに、地域の活性化等を図ることを目的として創設されました。

この観点から高齢者向け住宅に関する技術・システムなどの導入、高齢者向けの生活支援・介護サービスなどが効果的に提供される住まい・まちづくりの事業提案を募集し評価を行い、優れた提案に対しては建設工事費等の一部を補助するという制度です。


提案名:地域との共存 ~ポイントを貯めて長生き住宅~

代表提案者
株式会社 マザーライク
共同提案者
社会福祉法人 永春会、吉岡誠四郎

提案概要:個別 住宅 新築

千葉県松戸市において、住宅管理会社が介護サービス事業所(デイサービス・訪問介護・居宅支援)を併設した高専賃を整備するもの。

ボランティアのポイント制による体験券の活用やミドルスティの宿泊を受け入れる事を通して、地域の人材の参画や宿泊利用時に外部の目でサービスの質を点検する仕組みを作り、高専賃のサービスの質の担保を図る。


評価概要

従来のボランティアの枠組みに囚われず、ボランティアとの連携を前面に打ち出して、ポイント制などの様々な新しい工夫を凝らし、地域との連携や高齢者の生きがいに繋がる内容であることを評価した。

より地域に根付いた活動とするため、ポイント制の実効性の検証と自治体との連携などの工夫に期待したい。


詳しくは「高齢者等居住安定化推進事業評価委員会事務局」のウェブサイトに掲載された、
平成21年度選定事例集より抜粋したPDFをご覧ください。
 平成21年度選定事例集:第2回選定事例集より抜粋したPDF


「高齢者等居住安定化推進事業評価委員会事務局」のウェブサイト内、
「先導的事業の紹介(平成21年度高齢者居住安定化モデル事業)」ページはこちらからご覧ください。
 URL:http://iog-model.jp/project/index.html


ご入居についてのお問い合わせ
このページのトップへ